国内アートフェア6選とその魅力【アートコレクター必見イベント】(更新中)

しゅんすけ ・2024-06-06 ・10pv
#アートフェア

国内アートフェア6選とその魅力【アートコレクター必見イベント】

アートフェアとは、国内外のギャラリーやアーティストが一堂に会し、作品を展示・販売する大規模なイベントです。アートコレクターにとって、最新のアートシーンを体験し、優れた作品を発見する絶好の機会です。今回は、日本国内で開催される著名なアートフェアとその魅力についてご紹介します。

1. アートフェア東京(Art Fair Tokyo)

概要

  • 開催地:東京
  • 開催時期:毎年3月3週目の金土日にかけて開催
  • 集客実績:毎年約5万人の来場者
  • 公式サイトArt Fair Tokyo

魅力

  • 日本最大規模のアートフェアで、古美術から現代アートまで幅広いジャンルが揃う
  • 国内外の一流ギャラリーが多数参加
  • 特別展示やプログラムが充実しており、アート愛好家にとって見逃せないイベント

過去出展した主なギャラリー

過去出品された主なアーティスト

2. アートフェア京都(Art Fair Kyoto)

概要

  • 開催地:京都
  • 開催時期:3月1週目の金土日にかけて開催
  • 来場者数:約2万人
  • 公式サイトArt Fair Kyoto

魅力

  • 世界遺産・二条城を舞台に、京都の歴史ある町並みを背景にしたアートフェア
  • 伝統と現代が融合した作品が多く展示
  • 小規模でありながら、質の高いギャラリーが集結

過去出展した主なギャラリー

過去出品された主なアーティスト

3. 工芸アートフェア金沢(Craft Art Fair Kanazawa)

概要

  • 開催地:金沢
  • 開催時期:12月1週目の金土日にかけて開催
  • 来場者数:毎年約2000人
  • 公式サイトKOGEI Art Fair Kanazawa

魅力

  • 日本の伝統工芸と現代アートの融合
  • 金沢ならではの工芸作品が多く展示
  • ワークショップやデモンストレーションも充実

過去出展した主なギャラリー

過去出品された主なアーティスト

  • 辻村史朗
  • 八木一夫
  • 森正洋

4. 東京現代(Tokyo Gendai)

概要

  • 開催地:東京
  • 開催時期:7月1週目の金土日にかけて開催
  • 来場者数:約2万人
  • 公式サイトTokyo Gendai

魅力

  • 現代アートに特化したフェア
  • 国内外の著名なギャラリーが多数参加
  • 新進気鋭のアーティストの発掘にも注力

過去出展した主なギャラリー

過去出品された主なアーティスト

5. アジア福岡アートフェア(Asia Fukuoka Art Fair)

概要

  • 開催地:福岡
  • 開催時期:9月3週目の金土日にかけて開催
  • 来場者数:約1万人
  • 公式サイトART FAIR ASIA FUKUOKA

魅力

  • アジア地域のアーティストとギャラリーに焦点を当てたフェア
  • 福岡という国際都市で開催され、多文化なアートシーンが楽しめる
  • トークイベントやパネルディスカッションも多数

過去出展した主なギャラリー

過去出品された主なアーティスト

6. アート大阪(ART OSAKA)

概要

  • 開催地:大阪
  • 開催時期:毎年7月3週目の金土日にかけて開催
  • 来場者数:毎年約1万人
  • 公式サイトART OSAKA

魅力

  • 大阪を拠点とする関西最大級のアートフェア
  • ホテルの客室を展示スペースとして利用するユニークな形式
  • 現代アートに特化しており、若手アーティストの作品が多く展示される

過去出展した主なギャラリー

過去出品された主なアーティスト

  • 杉本博司
  • 中原浩大
  • 松井えり菜

終わりに

国内のアートフェアへの参加は、アートコレクターにとって多大なメリットがあります。最新のアートトレンドを把握し、著名なギャラリーやアーティストとネットワーキングし、質の高いアート作品を発見・購入する機会です。

次回のアートフェア参加の際には、この記事を参考にしてみてください。この記事があなたのアートコレクション活動の一助となれば幸いです。


しゅんすけ

アートコレクターを目指して、当ウェブサイトを立ち上げる exhiworkを運営している管理人